マンションへの投資の魅力|マンション経営で失敗しない!投資を成功へと導くエトセトラ
メンズ

マンション経営で失敗しない!投資を成功へと導くエトセトラ

マンションへの投資の魅力

集合住宅

効率的に投資する方法

2010年以降、不動産価格が長期間続いた低迷期を脱して上昇基調に転じた事を受け、マンション投資の人気が高まっています。マンション投資を含む収益不動産への投資は一昔前までは潤沢な資金力を誇る機関投資家や一部の富裕層が行うものと考えられていましたが、近年では中間層の個人投資家でマンション投資を行う人も増えてきました。中間層の個人投資家が増えた最大の理由は、不動産担保ローンの認知度があがり、これを利用する投資家が増えてきた事が挙げられます。株や債券等への投資に比べマンション投資は纏まった資金が必要になりますが、不動産担保ローンを活用すれば購入価格の2割から3割程度の自己資金があれば投資が可能であり、こうした資金効率の高さがマンション投資の人気の背景となっています。

投資の基本

マンション投資の基本的な仕組みは、投資家がまず賃貸用マンションを購入し、その購入したマンションを第三者に賃貸して家賃収入を得るというものです。例えば1000万円で購入したマンションを年間100万円の家賃で貸し出した場合、利回りは10パーセントという事になります。テナントから得た家賃収入から、マンションの維持管理にかかるコストや不動産担保ローンの支払利息を控除した金額が、投資家の実入りとなります。また、マンション投資はこうした家賃収入に加えてタイミング良く売却をすれば不動産売却益を得る事ができる可能性があります。例えば1000万円で購入した物件を1200万円で売れば、その差額が不動産売却益として投資家に入ってくるのです。