総合的に利益を出す|マンション経営で失敗しない!投資を成功へと導くエトセトラ
メンズ

マンション経営で失敗しない!投資を成功へと導くエトセトラ

総合的に利益を出す

笑顔の女性

入居者目線で考えた時、ワンルームマンションなど比較的家賃を抑えられる物件が人気であるように思えます。そのため、投資用マンションを選ぶ際にもワンルームなど比較的投資の金額が抑えられる物件を選択しがちです。しかし、ワンルームマンションも日に日に新築が多く建っています。その中で既存の部屋を投資用に取得しても家賃が安いことがウリの場合は利益を出すことは難しくなってしまいます。それに対して築年数が経過していてもすぐに埋まりやすい部屋があります。それは家族向けの部屋です。大きな部屋は空き部屋となると貸し主が損を被りやすいので絶対数が少なくなっています。そのため空き部屋となっても、すぐに新しい借り主が現れる可能性が高くなっています。投資用マンションは低価格なワンルームなども魅力ではありますが、軍資金を貯めて大きめの部屋にするほうが利益に直結します。

投資用マンションを取得する際にはとても大きな金額が必要となります。そのためその金額を短期間で回収することは出来ません。しかしながら、家賃収入を得ることはもちろんのことマンションを減価償却していくことで税金が抑えられるなど総合的な視点で見ると少しずつ収益は大きくなってきます。逆に、短期間で取り返せるような金額の投資用マンションを取得することは長期的な目線ではおすすめできません。マンションに対して投資をするからにはまず腰を据えて長い目で検討する必要があります。また、不動産は一つの資産でもあります。家賃収入といった面に限らず大きな資産を持っているという面でも評価する必要があります。投資用マンションの取得は長い目で多角的に評価することが大切です。