不動産経営を行う|マンション経営で失敗しない!投資を成功へと導くエトセトラ
メンズ

マンション経営で失敗しない!投資を成功へと導くエトセトラ

不動産経営を行う

電卓とお金

家賃支払いの不履行

不動産経営をするにあたり、必ず考慮に入れるべきなのが家賃保証である。家賃保証とは、賃貸の借入人が家賃の滞納、返済不可能な場合に備えて連帯保証人を立てられない場合に、一定の保証金を払うことで、これを保証する制度である。家賃保証会社とは、例えば、身内のいないAさんが都内に家賃10万円のアパートを借りるとき、この連帯保証人として家賃保証を行う会社のことをいう。これを利用する場合には借入人の社会生活度(職業や収入)を考慮した上で契約を結ぶ。貸出人のメリットしては、借入人の家賃不履行を未然に防ぎ、家賃収入を維持することができることが一般的にはいわれている。そのため、不動産会社によってはこの制度を使って家賃保証を行うことを半強制的に実施する会社もあり、利用数も増えている。

実際的なデメリット

しかし、メリットがあればもちろんデメリットもある。実は保証を受け持つ家賃保証会社には法規制がない。このため、実際に家賃支払いが不履行に陥った場合において賃貸法や賃金業法に照らし合わせて請求を行う場合もある。現実として家賃保証を利用した借入人が家賃滞納または夜逃げについても実例があり、結果として連帯保証人(親族等)を立てなくてはならず、また家賃保証会社との契約の際に多額の契約金を支払うケースも報告されている。貸出人として不動産経営を行う側としてもこの事態は好ましいことでなく、先述した賃貸法や賃金業法に照らし合わせた結果、家賃保証されるべき金額が返済されない実態も確認されている。そのため、一概にメリットだけでこの制度を利用することは再考する必要がある。