女の人

マンション経営で失敗しない!投資を成功へと導くエトセトラ

マンションへの投資の魅力

集合住宅

不動産価格が2010年以降上昇基調に転じた事を受け、マンション投資の人気が高まっています。不動産担保ローンを活用して投資を行う中間層の個人投資家も増えてきています。マンション投資はテナントからの家賃収入が基本収益となりますが、タイミング良く売却をすれば売却益を得る事が出来る可能性もあります。

Read More..

安定した投資の一つ

建物

家賃収入があります

マンション経営とは、マンションを購入し入居者を募集することで家賃収入を得るという人気のある投資の一つで、失敗しないために様々な注意点があります。まず空室を増やさないことで、これはマンションの立地や家賃の設定に大きく左右されるので、マンション経営を目指す段階で予め現地調査や周囲の賃貸物件の相場を調べておく必要があります。また地震や火災などの災害を考慮して、耐震性や耐火性の高いマンションを選択することが重要です。さらに経営面でも失敗事例をよく調べて、自分のマンション経営に反映させることも重要です。なおマンションの購入では、安定した収入があれば住宅ローンを組むこともできるので、前もって多額な資金を準備する必要がありません。

生涯の間、経営できます

マンション経営には毎月安定した収入を得ることができるという特長があり、定職からリタイアした後も生涯の間、経営を続けられるというメリットがあります。入居者が家賃の支払いを滞納した場合も、家賃保証会社を利用することで確実に回収できるので失敗の少ない安定した経営が可能です。さらに不動産の資産価値は物価の上昇に合わせて変動するので、極端に価値が下がってしまうといったリスクが少ない投資となっています。また「団体信用生命保険」を利用することで、マンションの住宅ローンの契約者が死亡したり障害などで支払い能力を失っても、保険によって支払いを継続することができます。他にも住宅ローンの固定金利期間を長くすることで、金利が上昇して返済額が増えローンが払えなくなるという失敗を防ぐこともできます。

総合的に利益を出す

笑顔の女性

初期費用が大きい部屋を取得したとしても、それが家族向けの部屋であるならば運用を続けることが出来る可能性は高まります。投資用マンションは短期間で利益を出すことは出来ません。ただ、確実に需要がある部屋を持ち続けることで利益を生み出すことが出来ます。

Read More..

不動産経営を行う

電卓とお金

家賃保証制度は借入人、貸出人双方にメリットがある。それは、借入人には身分保証、貸出人には返済保証である。しかし、同時に制度に対する法の未整備による問題も出てきている。不動産経営を行うにおいてこのメリット・デメリットをどちらも考慮したうえで、運営するのが今後の課題である。

Read More..